×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

履歴書の書き方

履歴書の日付は投函する日とし、持参する場合は持参する日にします。履歴書に添付する写真は、服装、髪型、メイクにも気を配り、写真の裏に名前を記入しておきましょう。
住所は、都道府県を省略せずに、建物の名前や「○○方」まで詳しく記入しましょう。電話番号は自宅電話番号を記入するのが基本です。
履歴書の学歴、職歴の欄には正式名称を記入します。最終学歴では、学部や学科、専攻名も記入します。学歴のあと1行あけて、職歴の1行名に「職歴」と記入します。履歴書の免許・資格の欄は、取得年順に記入し、資格や免許の名称を正確に記入します。
アピール欄は特になしは避け、アピールできることを書きましょう。趣味の「読書」「音楽鑑賞」などは、具体的な内容も書き添えましょう。
面接で一番重要なのが志望動機です。履歴書の志望動機は面接で質問される可能性が高いので、志望する会社や業界についてできるだけ情報を収集します。熱意が伝わるように、自分の言葉で具体的に書きましょう。

履歴書の宛名書き

履歴書の封筒は白色の封筒を使い、できるだけ折らないで送ります。A4対応の封筒にクリアファイルに入れた履歴書を入れて送付します。三つ折にする時には写真が表に見えるように入れましょう。
宛先は、真ん中に名前、肩書を書きます。次に住所、社名、部署名と書いていくとバランスが取れた配置になります。
宛先は都道府県名も記入します。住所が二行になる場合は二行目の先頭を一字下げます。数字は漢数字を使用します。
履歴書の宛名は、住所の書き出しより一字下げて中央に書き、文字を住所よりひと回り大きくします。
左下に「応募書類在中」「履歴書在中」などと朱書きします。
差出人の住所は、封筒裏の中心継ぎ目の右側に記入し、名前は封筒裏の中心継ぎ目の左側に記入します。糊で封をし、封じ目には「〆」と書きます。発信日は、左上に漢数字で書きます。

履歴書で使う敬称

履歴書を書く上で敬称の使い方には気をつけましょう。敬称には、御中、様、各位、殿などがあります。担当者名が不明な場合は、担当部署、社名などを履歴書を入れた封書の中央に書き「御中」を用います。履歴書では、相手の企業・団体の「株式会社」「社団法人」を(株)や,(社)と略さずに書くのが正式です。担当者名がわかっている場合は担当者名に「様」をつけましょう。担当部署は担当者名の右隣に書きます。
「○○部長様」「○○部長殿」は二重敬語となるため避けましょう。 違和感がある場合は「営業部長○○様」とします。なるべく目上の人へは、「様」にし「殿」は使わない方が無難です。
履歴書に同封する添え状は、本題に入る前のご挨拶という意味合いがあります。社会人としてのマナーを持っていることを印象付け、自己アピールに大いに役立ちます。

Copyright © 2007 履歴書の書き方を知ろう